ラインの守り
Die Wacht am Rhein

世界の行進曲・愛国歌/ドイツ連邦共和国

『ラインの守り Die Wacht am Rhein』は、19世紀半ばに作曲されたドイツの軍歌・愛国歌。英語では『Watch on the Rhine』、『Guard on the Rhine』などと表記される。

ライン川西岸を巡るドイツとフランスの領土紛争を受けて作曲され、1870年の普仏戦争大勝利やドイツ帝国建国(1871年)など、ドイツの快進撃とともに当時人気の愛国歌となった。

写真:ライン川とローレライの岩山

今日では、『ラインの守り Die Wacht am Rhein』オリジナルの歌詞で歌われる機会は少なくなったが、アメリカの私大イェール大学(Yale University)の校歌や、日本の同志社大学における校歌などにアレンジされ、そのメロディは時代を超え形を変えて受け継がれている。

【関連ページ】 ドイツ歌曲『ローレライ』(ライン川とローレライ伝説)

動画の視聴

歌詞・日本語訳(意訳)

1.
Es braust ein Ruf wie Donnerhall,
wie Schwertgeklirr und Wogenprall:
Zum Rhein, zum Rhein, zum deutschen Rhein,
wer will des Stromes Hüter sein?

叫びは雷鳴の如く
剣戟の響きか波しぶきか
ライン 我がドイツのライン
聖なる大河 何人や守らん

Lieb' Vaterland, magst ruhig sein,
Fest steht und treu
die Wacht, die Wacht am Rhein!

<リフレイン>
愛する祖国 安らかに
磐石にして忠実 ラインの守り

2.
Durch Hunderttausend zuckt es schnell,
und aller Augen blitzen hell;
der Deutsche bieder, fromm und stark,
beschützt die heil'ge Landesmark.

10万の鼓動と輝く眼差し
敬虔かつ剛胆なるドイツの青年
御国の四方を守らん

3.
Er blickt hinauf in Himmelsau'n,
wo Heldenväter niederschau'n,
und schwört mit stolzer Kampfeslust:
Du Rhein bleibst deutsch wie meine Brust!

天を見上げれば
英霊が見下ろし
闘志あらわに誓う
ラインはドイツのものであると!
(以下割愛)

関連ページ

ドイツの行進曲・愛国歌・軍歌
『旧友』、『パンツァーリート(戦車の歌)』、『エリカ(エーリカ)』など、有名なドイツの行進曲・愛国歌・軍歌
有名なドイツ民謡・ドイツ歌曲
シューベルト『魔王』、『野ばら』、『アヴェ・マリア』、『ローレライ』、『こぎつね』、『ぶんぶんぶん』など、有名なドイツ歌曲・ドイツ民謡の歌詞と解説・日本語訳。